2020年2月22日 (土)

もう一つの柄で

Dsc_0482

先日の2作目に続く三作目。

副産物であるもう一つの柄のピースを、こちらは縦に置いて、上部にファスナーも付けた。

とても同じ下の生地からできるとは思えない配色。

| | コメント (0)

2020年2月 9日 (日)

2作目

元は赤い部分が強調された縦じまプリントを接いでみた。

カットすると、2種類のピースができるので、深緑だけを接いだ。

Dsc_0462_20200212073801  

Dsc_0449

| | コメント (0)

2020年2月 2日 (日)

どんな柄が出るかお楽しみ

忘備録

20200202_20200202093901

| | コメント (0)

2020年1月 5日 (日)

令和2年初作品

思いのほか技量と手間を要求された。

Dsc_0413

| | コメント (0)

2019年6月26日 (水)

帯に短し襷に長し・・・

Dsc_0248

サコッシュ!フランス語で、袋やカバンを指すらしい。

スマホ入れには大きいし。ポシェットには小さい。。。

| | コメント (0)

2019年5月18日 (土)

針刺し

Tmp_1558172931718

木でできた底に磁石が付いたカップの上に、針を刺す部分を磁石を付けて作った。

| | コメント (0)

2019年2月19日 (火)

チャームはかわいいが・・・

だめだなぁ。韓国製ファスナー

Dsc_0186

| | コメント (0)

2019年1月28日 (月)

お土産本での初作品

先日のドームで購入した斉藤瑤子先生の作品集から(114%拡大)

Img_20190128_194129
手のひらに収まるぐらいの大きさ、何とも面白いカタチ(小さい割にすごい手間が掛かった…)
リングの付いたファスナーと持ち手は、テキストとは別に有り合わせのものを当ててみた。

| | コメント (0)

2018年12月23日 (日)

目からうろこ・・・このやり方の方が楽かもしれない

出来上がりはどちらも同じだが

You Tubeでの作り方紹介サイトを見ていたら、こんな方法があった。

こちらも先にファスナーを付ける。いままで自分が反対のことをやってきたのかな。。。

先に底部分をつくり、ファスナーを付け、最後に脇を閉じる。

Dsc_0108_1完成品は同じ。
Dsc_0112ふ~ん。

| | コメント (0)

2018年6月17日 (日)

鶴亀に熨斗柄の古布

Kimg0849
色が付いた、鶴亀のこの柄が、びっくりするほど高い!

| | コメント (0)