« 皮むきとアイスクリームスプーン | トップページ | 「えびす講」 »

2016年11月16日 (水)

床下の修理

Kimg0254
床下が湿気からの蒸れでフカフカしてきたため、修理をすることに。

昨年までちょっとした直しは、近くの大工さんをお願いしていたのだが、引っ越してしまったため困っていたら、身内が事務局にいるシルバー人材センターで引き受けてくれると聞き依頼した。

大工さんは、二度の下見の上、材料を持ってやってきた。

一日目
10時の休憩もそこそこ仕事もはかどり、雨も降ってきたことだしと、2時前に帰っていった。

二日目
朝8時到着。しばらく休んで仕事に掛かり、ほぼ午前中で終了したのだが、畳を戻したところ障子が動かなくなったため、ジャッキを持って昼過ぎに来ると帰って行った。(自宅は15分ぐらいの距離らしい)障子の直しは数分・2時前に完了した。

『シルバーの仕事は、通常の半分しか(日当のこと)ならんので、昨日は一日、今日は七分ということにしてもらうで』との宣言・・・。

同情の余地はある。
一般大工さんの(見積もり)請求には、諸経費という項目があるが、
シルバーの場合は実質の日当のみで、下見に来た分は含まれないらしい。
また、このあたりの大工さんの日当が一日18,000円に対して、シルバーでは12,000円の支払い。

で、条件を快諾することに・・・。

拒否する家庭に対してどうするのか…という疑問もあるが、

|

« 皮むきとアイスクリームスプーン | トップページ | 「えびす講」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 皮むきとアイスクリームスプーン | トップページ | 「えびす講」 »