« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »

2016年10月31日 (月)

回復パーティションの削除

内臓HDDのクラッシュで、どうせ使っていなかったPC故自分で取り換えに挑戦することに、こんな記事を見ていたが甘い気持ちで1TBのものを購入。

記事に従って、ブートCDを作り、Windows以外のOSで立ち上げ、system32のドライバーを入れ替えたが、富士通のロゴまではいくのだが、Windowsが立ち上がらず、古いタイプの非AFT を再度購入。(こちらのほうが価格が高い)

再度購入した非AFTディスクを取り付け、購入当初までこぎつけた。
順調にソフトのインストールも進み、またクラッシュたときのためにと、使えなかったHDDにクローンを作った。
出たメッセージ通り従い、再起動したところ本体が立ち上がらず。。。

作ったクローンを装着、快適に動き出したかに見えたが、再度(同じソフトで)クローンを作成したところ、本体、バックアップ用どちらも立ち上がらなくなってしまった。

フォーマットをかけても、リカバリからはねられ、仕方なくもう一つ非AFTディスクを買う羽目に。

さらに検索すると、コンピュータの管理で領域の「回復パーティション」が削除できれば良いことが分かったものの。 コマンド プロンプトで削除するものばかりがヒットする中、唯一削除できるソフトを紹介しているページを見つけトライしてみた。
AOMEI Partition Assistant

しかもこれを使って、フォーマットしたら、もともと装着されていたHDDが甦って。HDDの故障ってなんだったんだ・・・という心境!

フリーのクローン作製ソフト紹介ページから
EaseUS Todo Backup というソフトを使ってみる、フリーのままでも使うことはできるようだが、お金を出す価値がありそうだ

Ws000380

パーティションの削除

Ws000383

未割当となった分を一つのパーティションにまとめる。
Ws000386 無事一つの領域になった。

| | コメント (0)

2016年10月22日 (土)

Excel2016での郵便番号変換ウィザード

検索しても2016のものがヒットしないが試したところ、2013と同じアドインが使えることが分かった。

アドインの入手先は、2010と同じ

http://excelzipcode7japan.codeplex.com/releases/view/48005

Ws000010

このページに移動したら

2010用のアドインをクリック

11

保存→「名前を付けて保存」→デスクトップに保存する。

Ws000000

組み込みは

エクスプローラ→ローカルディスクCドライブProgramFile(x86)OSが64bitでも)Officeが32btをインストールしてあれば。

Ws000001

Microsoft Office

Ws000002

root

Ws000003

Office16

Ws000004

Library

Ws000005

デスクトップに保存してあったアドイン「zipcode7.xla」を取り込む

Ws000007

Excelを立ち上げて

ファイル>オプション>アドイン>設定>「郵便番号変換ウィザード」にチェックを入れてOK

Ws000009

Excel画面に戻ると、アドインタブが表示されて「ウィザード」が

| | コメント (0)

2016年10月21日 (金)

揺れや衝撃に弱いHDDが、メール便で・・・

Kimg0225

内臓HDDがあっけなくクラッシュしたため注文。

発送通知から3日(通常翌日届く)。追跡で「配達完了」になっているのにまだ届かない・・・。
念のため、ポストをみたら・・・。なんと封筒に。

幸い動作確認では無事だったが、揺れや衝撃に弱いHDDが、本と同じ封筒で届くなんて。

ほかの通販サイトでは、大きな箱に空気が10倍ほど一緒に送られてくるにに・・・・。

| | コメント (0)

2016年10月17日 (月)

画像を「送信」でOfficeに送る

Q&Aで、画像を「送信」でExcel(Office)に持ってきたいが、メニューに送信がない。という質問をみかけ、えっ~そんな方法があるの?と探ってみたところ。

MicrosoftPictureManagerでなら、可能なことが分かった。通常はエクセルに挿入すると、画面いっぱいに挿入されるところ、サイズが指定(縮小して入る)でき、しかも、複数枚一度に入れられるとは嬉しい。

 

Picture1

画像をダブルクリックで開くと、PictureManager以外のソフトで立ち上がる時は、

右クリック→プログラムから開く→MicrosoftOfficePictureManagerを指定(クリック)して開く。

Picture2_3

一枚しか見えないときは、左端の縮小表示をクリック。

Picture3_2

ここでは、一度に3枚選ぶとする。

Ctrlキーを押しながら、クリックして選択→右クリック→「送信」→MicrosoftOfficeを選択

Picture4

次のダイアログボックスで、Excel→

オプションをクリックすると、サイズも変更できるが、ここではそのまま「電子メール大」で→送信

Picture5

「送信」された画像が3枚挿入されたエクセルが立ち上がる。

MicrosoftOfficePictureManagerは、2010までのOfficeに付属するソフトだが、

Office2013以降のPCにもインストールできる方法があった。

office 2013 でMicrosoft picture manager を使いたのですがどのようにしたら良いですか?

Office2013にMicrosoft Picture Managerを導入する

| | コメント (0)

2016年10月11日 (火)

あっけない終焉

Word2016の「はがき作成ウィザード」の文字化け、何とか正常にならぬかと画策。

完全削除をと、Microsoftで配布している削除ツールEasy Fix ツール で削除後、Officeの再インストール2003・2007までは順調だったが、2010で「ライセンスのない製品」と表示されたため、再起動を行ったところ、メーカーロゴは出るものの、Windowsが立ち上がらなくなった。

トラブル解決ナビを実行したところ、HDDの「故障」とでた。
修復ディスクも、リカバリディスクも受け付けてくれない・・・・。

Windows10には、自分の意思で(選んで)アップグレードを行っているため、HDDの交換にかかる手間と費用に腹は立たないが。釈然としないものは残る。

| | コメント (0)

2016年10月 7日 (金)

台風一過

北信地方では、果樹がかなり被害を受けたようだが、幸いこの地方は風も大したことなく過ぎてくれた。

Img_6282

| | コメント (0)

« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »