« 食卓のみかんを撮ってみた | トップページ | Wordでの封筒印刷 »

2015年1月11日 (日)

胸に閊える会話

Img_0059_3

娘の嫁ぎ先に(いわば引き取られた形)の女性がいる。
長男、長女の結婚では特に珍しいことではないが、家は娘の配偶者(つまり婿さん)の親の持家で部屋数にも余裕があり、住居費や光熱費は親がすべて支払っていて、食費・消耗品類は五人(親夫婦・娘夫婦・この女性)で共同管理している。

10年ほど続いた同居だが、隣の家が売りに出たことで、その家を買ってそこに娘夫婦がこの女性と一緒に引っ越し、別々に生活(生計も別)することになった。

残されることになった婿さんの親夫婦(70代前半と60代後半)と親子での思いのすれ違いから言い争いも多々あるらしい。

この女性曰く、
『なんで気持ちよく、元気なうちは二人で暮らすんで、お前たち(若夫婦に)一生懸命やれって送り出してくれんのかなぁ。』

岡目八目としては
 『それはこっち(女性)から見た願望であって、逆の立場になって考えてみたら?そんなふうに考えられんと思うよ』というのが精いっぱいだ。

面と向かってこういうことを言う人はほかにないのか(都合のいい実情を多数の人にも話していると思うが)、女性はかなり不満顔だった・・・。

|

« 食卓のみかんを撮ってみた | トップページ | Wordでの封筒印刷 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 食卓のみかんを撮ってみた | トップページ | Wordでの封筒印刷 »