« これでも、安近短の旅? かんてんパパガーデン | トップページ | タイムラグ »

2014年10月 1日 (水)

プライバシーの無い生活にも利点はあった。

P6280256

平日の昼間、チャイムが鳴ったので出てみると、にこやかな笑顔を作った中年の男性だった。

第一声が「マルハチって知ってますか?」
う~ん・・・?布団やさん?。

目を輝かせて「あっそう、もうすでに当社の者が訪問して来ているのでしょうか?」
空かさず、数年前近くでカモにされて破産した人がいる。と続けると
「あぁ今、聞いてきました。それで施設に入ったという・・・」
そして
手に持っていたパンフレットの束を下して、「それでは・・・」と何も勧めず帰って行った。

|

« これでも、安近短の旅? かんてんパパガーデン | トップページ | タイムラグ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« これでも、安近短の旅? かんてんパパガーデン | トップページ | タイムラグ »