« ヒペリカムが咲いた | トップページ | 世に〇〇の種は尽きまじ・・・(株)ランシステム »

2013年6月26日 (水)

吸い玉・カッピング療法

Img_1111 治療院で、こんな治療を受けた。

は~るか前の子供時分、近所の(素人あんま)をするおばぁさんがガラスの球にマッチを吸って投げ入れ、皮膚に密着させると、傷を付けた皮膚からみるみる赤い血が溜まっていくのを見たことがあった。(@Д@;

若い看護師さん(治療院では看護師とは呼ばない?)が『カッピングをすると後気持ちがいいですよね~!』「え~こんな若い人も?」と検索したらあるはあるは・・・。今もこのような治療法が続いていることに驚いた。

素人向けに、シリコンのものがあったので買ってみた。畳むかひっくり返して皮膚に付けるだけで、吸引される簡単なもの。

|

« ヒペリカムが咲いた | トップページ | 世に〇〇の種は尽きまじ・・・(株)ランシステム »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ヒペリカムが咲いた | トップページ | 世に〇〇の種は尽きまじ・・・(株)ランシステム »