« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »

2012年4月28日 (土)

会津で高遠そばの看板?

会津藩主の保科正之が高遠藩から会津藩に移ったため。と、偶然録画されていたBS歴史館で知る。

Img_0492
Img_0495 Img_0511

会津若松から一時間ぐらい南下したところの宿、江戸時代日光と会津を結ぶ宿場町だったそう。

この地方では、保存された宿以外国道沿いに、かやぶき屋根をトタン葺に改装した家が今も多く残っている。

Img_0525 Img_0531
日光街道の説明

4月26日  つぼみはまだ固い

Img_0535 Img_0533

| | コメント (0)

2012年4月21日 (土)

三遠南信道・鳳来峡IC

Dsc_0037

地図を観ると長野県に向かって伸びたようなのだが…。浜松引佐北ICの入口はR257沿いにあって通るものの、これより北の鳳来峡インターは151号線からも離れていて利用する手だてがない。

ところでこの地図を見ていて感じたこと。この道路なぜあんなに曲がって南下するのだろう。飯田からまっすぐ下がればかなり短縮なのに。。。政治的な配慮?

| | コメント (2)

2012年4月18日 (水)

新入社員・社員教育の一環か・・・

今日はフリーダイヤル発信の電話攻勢が立て続けに3件

  1. セ○ンカードから 保険の勧誘
  2. ベルー○(通販会社)から 保険の勧誘
  3. NTT光回線・・・ 新しいプランのお知らせ

0120・・からの発信には出ないことにしていたのだが・・・。自分でも、ついつい不機嫌な応答になってしまう。  

| | コメント (0)

2012年4月17日 (火)

安富桜

Dsc_0038 さすが立派な立ち姿・・・雨がちょうど止んだタイミングはよかったのだが、写真の撮り方のまずさか面白くない。

| | コメント (0)

2012年4月11日 (水)

桜にはやっぱり青空がよく似合う

土砂降りの中の桜見物
流れる花弁も風情あるが、雨の流れる足元を気にしながらは…
Dsc_0007
Dsc_0019_2
根尾の薄墨桜はまだつぼみが固く・・・それでも観光バスが数10台。人・ヒト・ひと
やっと色が付きだした根尾の薄墨桜
Dsc_00321

←¥400円?
←400€?

本日、晴れ○○○のジンクスが破れた。

| | コメント (0)

2012年4月 9日 (月)

選挙が近そうだ・・・

Koumei 近くの○○信者が「津波に備えて」と持参してきた。この辺りは山津波の恐れがあるからと一軒一軒回っているのだと・・・
勘ぐると、その可能性はないわけではないが、全国的には津波の恐ろしさと善行を関連付けようとしているのか。。。

政党がやらなくても、必要があれば自治体でやるべきだと思われるが・・・。

大阪の生活保護受給者が多いことに関連した記事で、この政党の議員サンが付き添って行くと、すんなり生活保護申請が通るのだと・・・。┐(´-`)┌

| | コメント (0)

2012年4月 6日 (金)

こんな時代の救世主

カンブリア宮殿というテレビ番組を観て

Ws000030 Ws000026

日本マクドナルドのCEO 原田泳幸氏

驚異の回復主には業種は関係ないようだ。
以下番組内での語録を

人材を育成するときの基本=
育つのを待っていても人材は育たない。やったことのないことをやらせるのが一番の教育だ

業績のマイナスを(時代や不況など)ほかのせいにしない。

新規客を招くために何をしたらいいか。さらに来店頻度を上げるためになにをしたらいいかを考える。

業績の悪い超ローカルな観光施設にかかわっているものとして、大いに関心を持って観た。
上層部はリニューアルで(大勢が押し寄せて)駐車場不足を心配しているそうだが
果たして・・・先日観たハウステンボスを立ち直らせたHIS会長澤田氏同様 この施設も回復なるか・・・・

原田泳幸の名言厳選集

| | コメント (0)

2012年4月 4日 (水)

春の狂犬病予防注射のお知らせ

Ctyan 一度だけかかった動物病院からのお知らせが届いた。

動物の命は短いのは獣医さんならご存知のはず。
次の仔を迎えている可能性を見据えての確信犯か???

話は変わるが、プレゼント用にディズニーアニメ(ライオンキング)を録画しながら観ている。。。これもまた辛い・・・(笑)

| | コメント (0)

2012年4月 3日 (火)

青い羽根募金

Blue 水難救助用の募金。

青い羽根募金があるのを初めて知った。
海なし県民のせいか・・・Σ(;・∀・)

この地は突風はあまり吹かないが、今夜はかなり強い雨・アラレに見舞われている。

| | コメント (0)

« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »