« 君からしか回答がないので | トップページ | 高遠城址公園 »

2011年11月 2日 (水)

和合むら

和合むらの村びとと親しむ体験シリーズという記事を新聞で見つけ出かけた。

迎えてくれた村びとの方々

P1050605
P1050615_2 

むらを熱く語る

吉田さん(上中央),平松さんご夫妻(上の右のご主人と左の画像の奥さん)

画面中央の菊さんは援農で東京から4月に来られたばかりの方だそう。

気温も高く、空の色も秋晴れそのもの。
P1050583 P1050590
P1050608 P1050616
相席は、諏訪からの女子会の4人。はちのこ、いちじく、香茸の三盛にはじまり、
ホイル蒸し、松茸入り野菜の炊き合わせ。塩漬けきのこの金山寺あえ、原木なめこおろし、イワナとますの(刺身)&押鮨、てんぷら炭焼き、・・・etc
1050617 1050619

猪肉の煮モノ、マツタケご飯・舞茸お吸い物。デザートの手作り餡玉までも…。
さすがこの量は胃袋に収まりきれず、ご飯・てんぷら・炭焼きはお持ち帰り。翌日のお弁当になった。

さらに、子どもの顔大の大物まつたけは参加者で分けて、干しシイタケと刺身こんにゃくのおみやげ付

1050628 P1050632

ちなみに下のムシ(ほぼ等大)・・・もおまけ…(゚ー゚;

これを見つけた吉田さん『あれ、虫がおった?』と、すかさずつまんで敷紙に挟んだ。あまりのあっけなさに、(;´▽`A``あはっは・・・

野山・畑で虫はごく自然な風景だし、「はちのこ」は同類のものだが、ここで出ると都市の人はちょっとびっくりするかも・・・

帰りにはゲーロ岩に案内してくださりお開き。

この日は信越放送の「ぐるっと信州県民ラジオ」の取材があったのに、リポーターの春日さんは後ろ姿しか写っていなかった!

|

« 君からしか回答がないので | トップページ | 高遠城址公園 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 君からしか回答がないので | トップページ | 高遠城址公園 »