« 画像が選択できない Word | トップページ | 宅急便の送り状を印刷をしてみた。 »

2011年9月14日 (水)

写真撮影

Ws0002

中高年のためのらくらくデジタル塾というテレビ番組でデジイチの撮影をやっている。

今回のタイトルが、デジタル一眼レフで今森光彦と美しいにっぽんを撮るというもの
氏は里山ブームの火付け役?なんだそう

見ていると、自分も撮ってみたい想いが湧くものの
田園風景を毎日眺めている身には、この風景を保つ農家の人々の影の努力。農家生まれの身には作業している姿を横目に、のんびりデジイチもって歩く気になれない。
また技術的に宝の持ち腐れになりかねない物を買う踏ん切りもつかず…。

Ws0003_2

|

« 画像が選択できない Word | トップページ | 宅急便の送り状を印刷をしてみた。 »

コメント

書かれている全てのご意見に同じ思い。賛成と納得の境地。

投稿: kanpo | 2011年9月15日 (木) 00時21分

稲刈りシーズン真っ最中の今。運動会・行楽シーズンでもあり。
昨今は学校行事の運動会優先は仕方ないにしろ、若い世代が行楽に出かけた後、年寄りだけで稲刈りやっている…。

投稿: Ctyan | 2011年9月15日 (木) 12時38分

上のコメントの意味するところ奥の意味。涙が出るほど理解できる。
言い表せないような感情を抱く。

おじいさん、おばあさんの後姿を見て育ったカンポおじさんは都会にいる時でさえできなかった。

その感覚を知らないで里山は語れない。

投稿: kanpo | 2011年9月16日 (金) 08時57分

「豆トラがお友達」とその家の息子から揶揄されるほど、毎年きれいに管理されてきた畑、今年一年で背丈ほどの草で覆われた荒地が誕生。
お年寄りが耕作を止めると、こういうのが一気に増えるんでしょうね。

投稿: Ctyan | 2011年9月16日 (金) 20時19分

先に書こうと思っていたが。。。
先を越された。。。。草のこと
草取り、草刈りの大変さ、重要さは非農家、都会の人には解らないと思う。

農業は草との戦いである。。。と言った人がいる。
極めて地味で、苦労が多い農作業だ。
しかも、根気はいるし、時間はかかるし、体はきついし。。。
放っておくと書かれているようなことになる。
何気なく見ている畦も草刈りを年間5回位する。
大変だ。

投稿: kanpo | 2011年9月16日 (金) 20時35分

>何気なく見ている畦も草刈りを年間5回位する。
>大変だ。

ゴルフ場の芝よろしく、あの美観は自然にキープされているものと…。

投稿: Ct | 2011年9月17日 (土) 08時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 画像が選択できない Word | トップページ | 宅急便の送り状を印刷をしてみた。 »