« 弁当支給 | トップページ | 忘備録 »

2011年5月 4日 (水)

市田柿一本10万円

Kaki2_2 つい数か月前、大胆なリストラをして話題になった「かぶちゃん農園」から一本10万円で市田柿のオーナー(ではないあくまでプロジェクト…。)募集案内がきた。

以前通販を利用した客宛に送りつけてきたようだ。しかも東日本大震災救済を目的にするチャリティーだという。

郊外とはいえ、市が斡旋した駅近の広大な土地や建物はそのまま残して、(リストラで)殆ど従業員がいなくなった今、柿の手入れをする人も居ないらしいのに。

5年間は年間3000円相当の干し柿か現金が還元される。10年後一本で100kgの収穫を目安にしていて生柿の買い取りもする。逆に5年後から剪定、消毒、肥料代として年間2100円が柿の木がある間必要だと書いてあった。(この部分はさりげなく)
10年以内に枯れてしまった場合は、新たな幼苗をくれるとあるが、不可抗力に損害を受けた場合はその責を負わない。etc…ということは・・・?干し柿は手間がかかるからこその値段。生の柿の買い取り価格は、よくて徴収される肥料代ぐらいなものだろう。
この時期震災チャリティーといえば何でも許されるのか?詐欺まがいと思えるような商法に嫌な気分。

ネット検索でこんな記事もあって以前から「実質確定年利3.5%!」なんていう社債を募集しているらしい。

画像はクリックで詳細をご覧になれます。

|

« 弁当支給 | トップページ | 忘備録 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 弁当支給 | トップページ | 忘備録 »