« 通販、元旦に届く | トップページ | それはそれで、いいんじゃない・・・かと。 »

2011年1月 3日 (月)

鏡餅

例年お餅と一緒に鏡餅も造るのだが、暮れにスーパーで「○○の鏡餅」というのが目について、面白さから(神様ごめんなさい)購入してみた。

P1040921パーツはこんな具合。

本体の鏡餅・だいだい(プラスティックのみかん)末広・幣束・折敷(半紙)・三方まで・・・

末広とみかん鏡餅は両面テープで接着。紙類は差し込んで上に鏡餅を載せる。

鏡餅の中は普通の切り餅が数個はいっているらしいが、前に下がっている宝船の紙はなんていうんだろう???サイトでも見つからない

P1040915 完成図 (*^_^*)

|

« 通販、元旦に届く | トップページ | それはそれで、いいんじゃない・・・かと。 »

コメント

あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。

さて、疑問に思われている「宝船の紙」は「昆布」を意味しています。
私がどうこう言うより下記のサイトなどをご覧いただきご理解願います。

http://www.konbu.co.jp/story/japanese_culture/colum_kagamimochi.shtml

http://www.gishi.co.jp/home/faq_03a.htm

この鏡餅は「日本鏡餅協会」が考えているものだと今回知りました。(今まで私は知りませんでした。)

http://www.kagamimochi.jp/shiru/page2.html

なおカンポおじさんは「ガラに似合わず」神官も務めることが出来るようです?!

http://ameblo.jp/kanpoojisan/entry-10182654365.html

http://ameblo.jp/kanpoojisan/entry-10077272764.html

投稿: kanpo | 2011年1月 5日 (水) 00時11分

先ほどのコメント。。。。

さて、疑問に思われている「宝船の紙」は「昆布」を意味しています。

さて、疑問に思われている「宝船の紙」は「昆布」を意味していると考えられます。

方が正しいのかな。

投稿: kanpo | 2011年1月 5日 (水) 00時19分

kanpoさん=神主様
いろいろ知恵を授けてくださりありがとうございました。

>「宝船の紙」は「昆布」を意味していると考えられます
あの前垂れ(失礼!)は昆布だったのですね…。
あと幣束は本来は紙垂(しで)というんですね。
昔このあたりでもお供え用の串柿を生産している農家を見たことがあります。主に関西で使われると聞きました。
今回この日本鏡餅組合考案?の鏡餅を買わなかったらこういう疑問も湧かなかったわけで…改めて知らないことの多さを自覚しました…
二礼二拍手…一礼

投稿: Ctyan | 2011年1月 5日 (水) 09時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 通販、元旦に届く | トップページ | それはそれで、いいんじゃない・・・かと。 »