« 死が避けられないなら…。 | トップページ | 飲んだらもっと目が冴えてしまって・・・ »

2009年10月23日 (金)

そこまで望んでいないけど・・・

来月「簡保」が満期になるからと、「かんぽ生命」担当部長サンと郵便局「お客様サービス部」のお二人が名刺をもって来られた。

『当日現金をお持ちします。』とのこと。「現金を自宅に持ってこられても・・・」『それならば通帳をお預かりして入金してきます。』とも。他の金融機関のものでもOKだという。

民間の生命保険会社だと、満期になれば(満期前でも)保険の掛け替えを強く勧めるだろうに・・・。そんな説明はなく、手続きに必要な書類・保険証書と身分証明になる健康保険の写しと書いてあるチェック表を作成して置いていった。(健康保険証は運転免許証でもいいだろうしほかに印鑑が要るのではないかと思うのだが)

少し前、家族の預金をまとめて解約したときも、銀行のようにしつこく「使用目的」を聞かれることもなく(問われるのも、また不快だが…)あっさり応じてくれた。

政権が代わって、郵便局が元に戻るか?ながら、やはり純然たる民間会社とは違うワ( ´,_ゝ`)ハイハイ

|

« 死が避けられないなら…。 | トップページ | 飲んだらもっと目が冴えてしまって・・・ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 死が避けられないなら…。 | トップページ | 飲んだらもっと目が冴えてしまって・・・ »