« こんな心境 | トップページ | はがき宛名印刷ウィザードが立ち上がらない »

2008年11月22日 (土)

今度はABSランプが・・・

俗にいう。機械ものは当たり外れがある・・・。の諺が当てはまるのか、それとも使い方が悪いのか?

Ctyanの足・軽自動車。以前のこんなトラブルに続いて、今日はABSランプが付きっぱなしになるというメにあった。

ことの始めは、自分で冬用タイヤを交換中、一個のボルト(ホイールナット)を弛めていたところ、回すほど締まっていく感じがしていたかと思ったらバキ!と折れてしまった。(≧m≦)

メーカーの修理工場に持ち込んだところ、『ナットを付けている軸(ハブ)が歪んでいる。付け替えを薦めるがどうします?』と言われ、走行中タイヤが外れたニュースを思い浮かべ、取り替えることにした。

部品を取り寄せて、更に取替えに4~5時間掛かるとのことで、明朝(22日)に取りに来る約束で、用意してくれた代車で帰宅した。

そして今朝、受け取って帰り。「ん?ブレーキのかかり具合が変わったな?調整したのか?」と思いつつ帰りかけたが、前面パネルの「ABS」ランプがやけに眩しい・・・。「こんなランプは今まで付いていなかったよなぁ・・・」と途中で電話をしたら『すぐ戻ってきてください』違うベアリングを付けてしまったとのこと。付け替えに3時間ぐらい要するので再び代車で帰ってくれ。。。

そもそも、どうしてこんなことになったのか?と問うと、『ナットの締めすぎが原因かな?』といいつつ、ムニャムニャ・・・はっきりと言わない。(判らない?)

修理代はタイヤ交換が10数回依頼できる料金。゙
使っているレンチは締まると空回りするラチットレンチなので締まりすぎることはあまり考えられない・・・。

そういえばあのリコールだって、最初の数人は代金を払っただろうし・・・。

|

« こんな心境 | トップページ | はがき宛名印刷ウィザードが立ち上がらない »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« こんな心境 | トップページ | はがき宛名印刷ウィザードが立ち上がらない »