« 「検索」ダイアログボックスの出し方 | トップページ | ウィルスバスター2009 »

2008年9月13日 (土)

ダウンロード販売ソフトを購入

Roxio Creator 2009 
テレビ録画したDVDから不要な部分をカットしたい。webページに動画を載せたいという希望があるが拡張子を変換する必要がある・・・etcこのオーサリングソフトを前から欲しいと思いつつ居たところ、ダウンロード販売なら30%offというので購入した。

ダウンロードは安いし、購入申し込みしてすぐ使うことができるのでよく利用しているのだが、今回はかなり勝手が違った。

カードで決済してダウンロードを始めたところ、光回線にもかかわらず、1.43GBが1時間半以上も掛かかり、やっとデスクトップにできた実行ファイル.exeをダブルクリックした。が、マウスポインタ(昔の砂時計)がくるくる回るだけでウンともスンとも言い出さない。タスクマネージャーで見てもタスクに無い。
ダウンロードに失敗したのかと再びダウンロード。今度は辛抱強く待つ。かなり経ってインストール画面が立ち上がり始った。
ちなみに使用マシンのスペックはcore2×2GHzとそんなに悪くない。要するに重いソフトなのだ。しかもこんな大きなソフトは圧縮してあるのが普通だが、exeファイルそのもの。圧縮しないのには意図があるのだろうか?
CD-Rに焼いておくようにという注意書きがあったが、CDでは一枚に収まらない。よってDVD-Rにした。

セキュリティソフトをダウンロードで購入し、インストールしてしまえば不要だとプロダクトキーのメモを控えないまま削除してしまった人もいたが・・・。

ダウンロードの場合、パソコンから外部のメディアにバックアップしておくのは必須と思う。ヨ

|

« 「検索」ダイアログボックスの出し方 | トップページ | ウィルスバスター2009 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「検索」ダイアログボックスの出し方 | トップページ | ウィルスバスター2009 »