« ど根性ハカラメ | トップページ | 値下がり »

2007年6月20日 (水)

サポートセンターに電話をする

Webサイトで見ても解決できないことがあり、他人の代行で、大手プロバイダのカスタマセンターに電話をした。

繋がってから、質問内容によって1~3を押せと音声案内。1を押したところ、次1~4を押すようにという案内。『♪~会員証を手元に置いて暫くお待ちください~♪』・・・生?の男性の声が聞こえるまで3分03秒。バックグランドに流れる音楽が神経に響く。

同じ説明を何回も繰り返し、ここで経過時間7分39秒・・・。やっとユーザーIDの確認に入る。また数分経過分・・・。

ユーザーの確認なら話しながらもできるので、ほかの人に対処法を聞いていたのか・・・?

その回答が要領を得ず、またまた同じ説明を繰り返す。自分でもつい声が荒くなってくるのが解る・・・。それなりの回答を得たのは14分38秒後だった。

まだ結果は、質問したプロバイダの回線上でないので試せないのだが・・・。

それにしても、こちらの質問の仕方が悪いのか、相手の飲み込みが悪いのか・・・。

|

« ど根性ハカラメ | トップページ | 値下がり »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ど根性ハカラメ | トップページ | 値下がり »