« 繭で作ったイノシシ | トップページ | 初心に帰る »

2006年12月26日 (火)

オープンキチンって!!

昼に、郊外の和食店で食事をする機会があった。

この店自慢の、オープンキッチンのカウンター席に座る。

イチオシとあった「食べ比べ重(鉄火と天丼)」を注文する。

まず、人差し指大のエビの解凍が始まり、てんぷらが揚げられた。

次にアルミのボールにご飯を入れて来て、ミツ○ン酢のペットボトルから液体が振り掛けられ、お重に盛られた。

そして、スーパーのパックに入ったマグロの封を切り、そのご飯の上に、隣にてんぷらが載せられた。

この店イチオシの「食べ比べ重」…ご飯は炊き立てでなく、暖かいものは味噌汁だけで、てんぷらももう冷めていた。

この製作過程を見ていなければ、もっとおいしく頂けたかもしれないが。。。

|

« 繭で作ったイノシシ | トップページ | 初心に帰る »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 繭で作ったイノシシ | トップページ | 初心に帰る »