« OSとofficeの違い | トップページ | 宗次郎コンサート »

2006年11月24日 (金)

らくらくホン

社会福祉協議会が入っている建物にいたところ、突然障害者支援センターの職員の方に『ボランティアが足らん、入って』と声をかけられ、何をやるのかもわからず、会場に行ったところ、携帯電話を視覚障害者に使ってもらうための「電話教室」というものだった。

ちょっと探しただけだが、他社は料金などの値引きはあるが、音声対応の機種があるのは、ドコモだけのようだ。

ボランティアは一人に張り付いて、メーカーの人の説明を中継する係りだという。

パソコン講習にも通じることだが、使ったことのない人には、ゆっくり時間をかけての機能の説明が必要で、そのために進行が遅い

一方、隣に座った女性は、自分の知りたいことの説明をなかなかしてもらえず、不満を持ったようだった。

みんなに満足してもらうことの難しさ。他人事とは思えない。

|

« OSとofficeの違い | トップページ | 宗次郎コンサート »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« OSとofficeの違い | トップページ | 宗次郎コンサート »